前へ
次へ

軽貨物の運送業者として働くときに最適な車両の選び方

軽貨物の運送業者の求人にて採用された場合は、会社指定の車両が決まっていることがほとんどですが個人で軽貨物の運送を始めるのであれば自分で探す必要があります。軽貨物の運送に使用するのに最適な車両を選びたいときはどこに注目すれば良いのでしょうか。まず1点目が車内のできる限り広いものを選ぶことです。車内が狭いと運べる荷物の量が少なくなってしまい、収入を得るためにはさらに多くの軽貨物の運送の依頼を受けなくてはならなかったり、せっかく軽貨物のマッチングサイトなどで条件の良い仕事を見つけても積載量を超えてしまうため依頼を引き受けられないといった事態となる可能性もあります。ですからなるべく広い車両を選んだ方がお得といえそうです。ただし積載量を比較するときには実際の車両を見たうえで決めると失敗が少ないです。数字だけ見ると一見容量が大きく見えても天井の高さや横幅・奥行きなどを確認しないとまたバックドアなどが大きく開く車両や床部分が低めで完全フラットのものを選ぶようにしましょう。荷下ろしの際にバックドアが大きく開くと荷物の出し入れがしやすいですし、床部分が低ければ積み下ろしの際の身体への負担も減らせるので、車両を選ぶ際にはそういった点もチェックしておくと安心です。2点目に小回りが利く車両を選びましょう。軽貨物の運送業者は狭い所への配達依頼をもらう機会も多くなっています。短時間で効率よく運ぶためにもなるべく小回りの利く車両にするのがおすすめです。3点目が燃費の良さです。軽貨物の運送の際のガソリン代は経費としてすべて自分持ちとなります。価格は少し高めになりますが、最近のガソリン価格の上昇を踏まえても燃費の良い車両を選んでおいて損はないでしょう。余裕があるのなら安心して仕事を続けられるよう車両の安全性・快適性なども重視しましょう。車内で過ごす時間が多いため快適性が低いと長時間仕事をするのは辛いですし安全性の低い車両では事故などのリスクも大きくなります。価格と相談しながら自分が快適かつ安全に過ごせる車両を探すことが大切です。

保冷対応の軽貨物も対応可能
食品の運搬も株式会社SGにお任せくださいませ

Page Top